告知 らーめん家 せんだい@鶴ヶ峰

2012年1月5日(木)。

昨年12月下旬にせんだいの事務長であられる吉野氏からメールをいただきました。

券売機やこれからのメニュー等についての意見を伺いたいということで、こんな私でよろしければということで
本日吉野氏とせんだいで待ち合わせしました。

吉野氏はホームページ管理と採用活動も担当していらっしゃいます。
公式HPはこちら

現在、基本のラーメンは600円で販売していてあれだけの行列がありながら、なかなか黒字にはならないということです。たしかにあのような濃厚なクオリティの高いスープで600円というお店はなかなかありません。
これは値上げに踏み切るしかないのではと。
なおかつ、人件費の削減を考えて券売機の改良に踏み切ることになったそうです。

これは小路(しょうじ)社長・有川店長・吉野事務長が長い間話し合ってこられたことだそうです。
そして、元・超常連である私にも意見を聞いてくださるという嬉しいお声掛けをいただきました。


これが新券売機です。

sendai-kenbaiki 1

新型のタッチパネル方式。


「ご飯もの」は「つけ麺」に変更になります。

基本のラーメンは680円。
sendai-kenbaiki 2

80円の値上げとなりますが、あのスープを考えるとお店にとっては最低ラインの妥当なところだと思います。

お好みの設定画面。
sendai-kenbaiki 3

券の枚数は電車の切符と同じ要領で何枚か指定できます。


トッピングは10箇所なのですが、こちらに半ライス・ライス・ネギチャーシュー丼・ネギチャーシュー丼(大)が入るため、今のトッピングを4つ消さなくてはいけないそうです。

4つ消す候補を挙げさせていただきました。
しかし、券売機から消えてもトッピングの微調整は、今まで通り柔軟に対応していただけると思っていますが。


これで発券。
sendai-kenbaiki 4


sendai-kenbaiki 5

それぞれのメニューのキャッチフレーズについては、吉野氏が改良案を考案されています。

とんこつ醤油
厳選された大量のとんこつを使いつつ、臭みを徹底的にとりのぞいた
『せんだい』のフラッグシップ!

とんこつ辛子味噌
寒い季節はとんこつ醤油を凌駕する人気!
キムチが食べられる人なら問題なく食べられる辛さです。

とんこつ味噌
秘伝の味噌を使ったせんだいの進化系

とんこつ塩
せんだい自慢の出汁の良さ、素材の良さを
満喫したいならコレがおススメです!


いいんじゃないでしょうか。

ご意見などありましたら、コメントでいただけたら幸いです。


そうそう、現在とんこつ唐辛子味噌はとんこつ醤油を凌ぐ勢いで売れているそうです。
今日も多くの方が召し上がっていましたね。


券売機の導入は今年2月15日を目途にされているそうです。

ゆくゆくは更に大きなお店になるといいですね
以上「せんだい」公認の告知でした。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

らーめん家 せんだい 年始からサプライズトピック! #ramen

ラーメン大好き・特に家系。  告知 らーめん家 せんだい@鶴ヶ峰 ※トラバ失礼いたします。 今週末くらい食い初めに行こうかと思い、インターネッティングしていたら上記のような記事が。 こいつはWでインパクトがあるトピックですな…券売機操作できるかな俺…

コメントの投稿

非公開コメント

いつも拝見させていただいてます

こんなの導入する意味が分からない
券売機は今までのほうが
どこの店も使うようなタイプで馴染みやすいし、
それにここの店は、好みは食券にメモしているわけだから
見線が混んでいようとも混乱することも
最初からありえないしね。
経営的にやばいのならこんな
無駄なものをねあげをしているのみもかかわらず
人件費まで削って導入することすら可笑しいと思うけどな。

世田谷っ子

いきなり80円の値上げはちょっと…。って思います、自分の地元に有るラーメン英が以前600円から700円に値上げ&おしぼり~紙ナプキンに変更してから二度と行かなくなりました。それと自分もハイテク券売機は不要だと思います。

旭区民様。

コメントありがとうございます。
今の方式ですと、お客様一人一人にスープの種類・お好みをお聞きしなければならないので、そのための人員が必要ということで、いろいろ検討されたようです。
券売機を新規導入することで、値段を上げたのはなく、原価率が現状ではかなり高くなっているのではと素人ながら推察しています。

一万札・五千円札が使える券売機で、調理をする手・両替をする手を分けるという意図も含まれていると伺っております。

こういったご意見も受け止める覚悟でスタッフも決断されたと思っております。
80円の値上げは常連様にとりましては大きなショックだと思いますが、
これだけのレベルで2003年の開店以来、小麦等の値上げがあっても600円の価格を守って来られたことは企業努力だったと私は評価しております。
チャーシューにつきましても開店当時よりもこだわりの食材を使われていると推察しています。
これは私の個人的な意見ですので、ご了承ください。

世田谷っ子様。

コメントありがとうございます。
たしかに80円の値上げは大きいと思います。
しかし、旭区民様へのコメントにも書かせていただいたように、それだけの理由がある値上げだと私は考えています。

他の家系のお店のデフォの料金とも比較してみましたが、このレベルで680円は法外ではないと思います。

麺量も160gと家系に中では少ない方ではないと思います。

券売機についても安いものではありませんが、それはお店側の設備投資で商品の価格に反映するものではないと推察しています。

2003年から今まで値上げせずに来たのなら今回の680円は納得出来ます、家系なのであんまり来ないかもしれませんが年配者にはハイテク券売機使いにくいかもしれません。

世田谷っ子様。

タッチパネルの操作を事務長さんが行ってくださいましたが、割とわかりやすい操作のように思えました。

最初のうちは混乱もあるかもしれません。
導入当初はスタッフが付いて操作の補助を行う必要があるでしょうね。

川崎の玉のサードブランドの赤備の開店時、タッチパネルがわかりにくい上にスタッフの説明がほとんどなかったことに不満を覚えました。

それよりはわかりやすい券売機のように思えました。
接客のよさでは評判のせんだいですので、説明もきちんとしてくださると思います。
改革するにはそれなりの工夫と苦労もあると思われます。

再びのコメント有難うございました<(_ _)>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

値上げは困るよ

いつも拝見しており、はじめて書き込みいたします。
行列店が黒字にならないなんてラーメン屋さんは大変な商売ですね。
少しびっくりしました。 

>80円の値上げとなりますが、あのスープを考えるとお店にとっては最低ラインの妥当なところだと思います。

とありますが、最低ライン¥680はどこから算出されたのでしょうか?
あの味で¥600のラーメンだからとても意味がありました。
今、家系のお店の多くが¥650なので¥680はやや高い。
小麦高騰で変えなかった価格をこのタイミングで変える?今まで注文取りに割いた人件費を機械に置き換えるのなら金額を上げる理由が
ない、と思えます。
お店に好意的な立場で書かれたこの告知からは券売機の減価償却費をラーメンにのせたのかなという、逆に悪い印象を受けてしまいます。
私の家は少し遠いのですが食べに通っていました。
毎日のようにラーメンを食べる人間には¥80値上げは大きいです。
とたんに比較対象店が増えて他へ行く回数が確実に増えます。
そんな人、意外に多いんじゃないかな?そう思います。
金額を上げればお客さんは減ると思います。 素人判断ですが・・・

No title

680円でも安いでしょう。
松壱家なんて750円ですよ。
美味さは、せんだいの方が上なので680円なんて中途半端な値段にせず700円で良いと思います。

がんばってますものね

あたしも最初食べた時、これだけのクオリティーで、600円?
原価率がどのくらいにしないと経営が危なくなるのか?よく知っているので、大丈夫?って思いました。

材料がこれだけ全部値上げされちゃったらね~。
待てば下がる期待があればいいけど、それは無理ですからね。

700円にせず、680円にしたのが心遣いですね。

値上げしないためには、材料の質を落とすとか、量を減らすとかできますが、そんな選択をしなかった店主をあたしは支持します。

ハイテク券売機は、最初は混乱があるかもしれませんね。でもせんだいファンは、すぐに慣れるでしょう。

あ~、また行きたいな~。

大和市民準様。

コメントありがとうございます。

>とありますが、最低ライン¥680はどこから算出されたのでしょうか?

すみません、これはいろいろ家系店を食べ歩いて感じた感想に足して、実際に他の家系の店主さんに伺ったことを参考にした数値です。
スープの濃度計で測るとせんだいの濃度はかなり高濃度であろうということでした。
せんだいのスタッフさんに伺った数値ではありませんが、伺った家系の店主さんも専門家ですので出鱈目にあげた数値ではありません。

私の書き方が誤解を招くように受け止められてしまったのは申し訳なく思っています。

私もご覧のようにほぼ毎日食べています。
いきなり値上げをされたら、そのお店には足が遠のくかもしれません。
ただ、せんだいの味は他にはない無二のラーメンで(もちろん他のお店もですが)、本当に美味しいラーメンなので、たとえ止むを得ない事情で値上げしたとしても通われる方は変わらず通われるのではないかと思います。
女性はランチに対して財布の紐が男性に比べてかなり緩いかもしれませんが。(もちろん安いに越したことはありませんけれど)

サイドメニューの野菜の量も多く、良心的なせんだいです。
個人的に私はこの値上げも止むなしと考えています。


うこうこ様。

コメントありがとうございます。

松壱家の750円はちょっと・・・ってどなたも思われているでしょうね。
七志も700円ですね。

せんだいのクオリティでは700円でもいいと思いますが、そこは680円で抑えられたのかなと思っています。

ご意見ありがとうございました。

Ca様。

>あたしも最初食べた時、これだけのクオリティーで、600円?
原価率がどのくらいにしないと経営が危なくなるのか?よく知っているので、大丈夫?って思いました。

材料がこれだけ全部値上げされちゃったらね~。
待てば下がる期待があればいいけど、それは無理ですからね。


お仕事柄なのでしょうか、原価率について言及してくださりありがとうご
ざいます。
ド素人の私でもこれだけラーメンを食べ歩いていると、他店との比較などでいくばくかは想像が付きます。

今回告知をしたことで、皆様にたくさんのご意見が伺えたことはお店にとってプラスになっていると思います。
どうでもいいと思われたら、話題にも上らないでしょうし。

>値上げしないためには、材料の質を落とすとか、量を減らすとかできますが、そんな選択をしなかった店主をあたしは支持します。

私もまさに同感ですe-257

>700円にせず、680円にしたのが心遣いですね。

こちらもです。

また、せんだいにいらしてくださいね~e-75

No title

自分もいきなり80円の値上げには「えっ?」って感じです。
たしかにスープの濃度は認めますが・・・
スープの量はかなり少ないですよね?
まぁ、600円だから仕方ないか!と思っていたのにいきなり680円とは。
並で750円も取るあのグループは論外ですが、自分も680円なら
他の選択肢を選ぶ機会が増えると思います。

券売機も全くもって無意味のような気がします。
あれだけの席数の注文ぐらい記憶できませんかね?
総本山系列店や競合エリア名店の寿々喜家の店員だってそこは努力してカバーしてるところです。

言い方悪いですが、客も付いたし儲けに走ったのかな?という印象さえ感じてしまいます。
人によって80円の重みは様々でしょうが、いまこの時期の80円に拒絶反応を感じる人も少なくないのでは?と思いますよ。

知る鶴様。

長年通って来られた常連様にとりましては、80円の値上げは厳しく受け止められる方も多いと思います。

お店側も長い間考えられて、それで決断されたと推察いたします。
600円は確かに魅力的な価格でしたが、致し方ないことかと思っております。

スープ量も最近は増えているようです。

値上げをされて、売上げがどうなるかはお客様の判断に委ねられていますね。

せんだい好きですか

週3で通っている歌丸です。
今回の券売機に関しては、?な的な感じですが、
80円の値上げに関しましては、
ラーメンが好きですか?それともせんだいが好きですか?ということだと
思います。

歌丸様。

週3いらしているんですね!

まるで以前の私です。
遭遇しているかもですねv-22

確かに歌丸様の仰る通りだと私も思っています。
元気をいただき、ありがとうございますe-454

仲良しごっこですか

「せんだい」さんの価格に安くて美味しいと評価している方々が多数いらっしゃいました。


値上げ告知を元常連が仕方ないって言うのはバカ丸出しです。


経営側の意図を汲んでファンが食べに行ってるとでも思っているのですか?


経営側の金策や悩み事を客側に知らせるのは、頭の良い人のやる事ではありませんよ。

unknown様。

仲良しごっこをしているつもりはありません。

いろいろな反応があることはある程度は予測していました。
ご意見をいただけるのは大変ありがたいと感謝いたしております。

ただ、コメントの際はお名前を名乗っていただければ幸いに存じます。
プロフィール
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
月別アーカイブ